Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Morbi eu nulla vehicula, sagittis tortor id, fermentum nunc. Donec gravida mi a condimentum rutrum. Praesent aliquet pellentesque nisi.

私たちの歴史

フェルナンデス・リベラ一族の歴史はアレハンドロ・フェルナンデスとエスペランサ・リベラの独創性、そして一族の努力と団結によって始まりました。一族が一丸となって、ロバート・パーカー氏が評価した「世界を代表するワイン」を造り上げてきました。現在では、ワイナリー4つ、ホテル1館、そして120人以上の雇用者を抱える事業体となりました。フェルナンデス・リベラ一族は、時代に応じたニーズにほどよく対応してきました。今日グループ社のワインと他の商品は世界70国以上で販売されています。

石造りの搾汁所

1972年

特許の売却金でアレハンドロ・フェルナンデスとエスペランサ・リベラは16世紀の小さな石造りの搾汁所を購入しました。1972年にグループ社は、この土地で収穫された葡萄で最初のワインの製造を始めました。

ティント・ペスケラ

1975年

フェルナンデス・リベラ一族が初めての収穫を行った年。製造されたワインには、ティント・ペスケラという名称が付けられました。この名称は、アレハンドロとエスペランサが生まれた町のペスケラ・デ・ドゥエロへの愛情が込められています。

原産地呼称リベラ・デル・ドゥエロ

1982年

フェルナンデス・リベラ一族の当主、アレハンドロ・フェルナンデスのワインによって、リベラ・デル・ドゥエロが持つ潜在性が話題に上るようになりました。こうして、1982年に原産地呼称リベラ・デル・ドゥエロが生まれたのです。

ハヌス登場

1982年

には、原産地呼称リベラ・デル・ドゥエロ誕生と共に、フェルナンデス・リベラ一族は最初のハヌス・ペスケラワインを製造しました。この名称は、ローマ神話の時の神ヤーヌスに起因しています。ハヌスは、ティント・ペスケラワイナリーの最標高にある葡萄畑から収穫された極上な葡萄のみで製造されました。

ロバート・パーカー

1985年

ロバート・パーカー氏は国際的に最も影響力のあるワイン評論家の1人に数えられ、氏はティント・ペスケラのハヌスを世界を代表するワインのクラスとして評価しました。パーカー氏はハヌスをスペインのペトリュスと評しています。

コンダド・デ・アサ

1995年

フェルナンデス・リベラ一族が手がけたもう一つの定番であるコンダド・デ・アサが誕生しました。2008年と2012年に名高いワイン誌のWine Spectatorは、コンダド・デ・アサを世界のワイン100選の1本として選びました。

デエサ・ラ・グランハ

1998年

サモラ地方のバディーリョ・デ・グアレーニャにおいて、フェルナンデス・リベラ一族は3世紀の歴史を持つワイナリーを近代化しました。デエサ・デ・ラ・グランハです。この農園では、ハードチーズ、ひよこ豆、オリーブオイルも生産しています。

エル・ビンクロ

1999年

フェルナンデス・リベラ一族は、カンポ・デ・クリプタナにエル・ビンクロワイナリーを創設。テンプラニージョ種のほかにも、エル・ビンクロでは世界を代表する白ワインを造るアイレン種の葡萄が育ちます。

ホテルペスケラ

2011年

フェルナンデス・リベラ一族は多様化を進め、ホテルAFペスケラをオープンしました。リベラ・デル・ドゥエロ地方の恵まれた地であるペニャフィエルに建てられたこのホテルは、ワイン観光にも力を注いでいます。

孫たち

2019年

エスペランサとアレハンドロの孫たちがワイン事業グループの経営陣に加わりました。フェルナンデス・リベラ一族の3世代目は、時代に適応する方針を打ち立てて、同グループ社をリードしています。